カナメのバラタナティヤム帳

中学1年生13歳のバラタナティヤムダンサー 富安カナメです。活動予定&報告とインドの事を、お母さんと一緒に更新します。

インドの魅力を語る②ヴリンダーヴァン編

バラタナティヤムでも

必ずクリシュナ神の演目がありますが、

クリシュナの育った所、というのがここ

マトゥーラ、ヴリンダーヴァンです。

デリーとアグラの間にあります。

 

3歩歩けばクリシュナ寺院に当たるほど

小さな町に2千だか3千だか4千だかの

クリシュナ寺院があるそうで、

修行の人も多くて濃~すぎる場所です。

 

ホーリーという色掛け祭りが激しいことでも有名です。

カナメも父ちゃんも色でべたべたになったよ!

f:id:kanamekko:20200809214900j:plain
f:id:kanamekko:20200809214907j:plain
f:id:kanamekko:20200809214923j:plain
f:id:kanamekko:20200809214931j:plain

近くのナンドガオンという村にあるお寺でのホーリー、

色粉かけすぎて、そこらじゅう真っ赤のドロドロです。

粉だけでなくインクもかけられます。そのあと、

女性が男性を棒で殴る儀式がります。

(頭をお鍋でカバーするので痛くはない)

その日ばかりはと女性は鬱憤をはらすのだとか。

f:id:kanamekko:20200809215031j:plain
f:id:kanamekko:20200809215008j:plain
f:id:kanamekko:20200809215026j:plain

色粉をかけてもらって五体投地して

感極まって涙する人や。

色粉の中で踊る人たち。

現地の人のように白い服を着て行くと良いですよ。

 

f:id:kanamekko:20200809233232j:plain

ここはヤムナ河沿いで、プジャ(祈祷)をする

Keshi ghatというガートがあります。

近いヴァラナシって感じ。

ボートに乗って対岸から見ると黄昏な感じ~

 

クリシュナとラーダがルンルンしている像が

沢山あったり、ベビークリシュナに着せ替えドレスを

売る可愛いお店があったり、

牛飼いクリシュナの街なだけに、酪農がさかんで

チーズやチャイなど乳製品が美味しかったり。

 

ただ、猿が危険なのだ!

 

メガネかけてる人は外して街歩きしないと

猿に狙われますよ!

父ちゃんもメガネ取られました。

あと、ビニール袋下げて歩くと、

猿に狙われますよ!

バナナが入ってると思うらしいです。

 

そんなに心配することはないけれど、

 

They are willing to die for a banana.

猿はバナナの為なら死ねるのだそうです....。

Iscon Templeの裏の、MVTゲストハウスのサイトの

観光の注意書きに書いてあるんだよ。

mvtindia.com

ここの宿、超安宿だけどヴリンダーヴァン観光には

ピッタリの雰囲気です。お勧めです。

 

カナメは3回も行きました。

濃いインドを感じたい人は

ぜひ行ってみてね!