カナメのバラタナティヤム帳

中学1年生13歳のバラタナティヤムダンサー 富安カナメです。活動予定&報告とインドの事を、お母さんと一緒に更新します。

それって扁平足か?

 

バラタナティヤムのステップでは、床に足の裏を打ちつけた時に

パーン!という音が鳴ったりするのも、醍醐味だったりするんですが、

あれは、扁平足だと鳴りやすいんだと思ってました。

 

だって、足の裏に隙間があったら鳴らないんじゃ?

 

カナメももれなく扁平足で。

時折パーン!といい音します。

 

でも、そういや特に男性のダンサーとかで

見事な足の裏のカーブがある人でも鳴るっけか...?

う〜ん?

 

f:id:kanamekko:20210714162350j:image

また足を痛めてしまいました。

今度は、足の甲の骨付近が疲労骨折手前だって。

まずは1週間は安静かなということで、

サポーターしてます。

 

練習で痛めたというか、学校の体育で

大好きなバトミントンを張り切りすぎた(汗

あははは。

で、練習の時に痛いなぁと思って接骨院に行ったわけ。

 

足の裏のカーブをつけるサポーターを

処方されました。

カーブが適度にあった方が、足への負担が少ないらしい。

カナメってやっぱ扁平足なんか?

 

8月末に大事なイベントがあるので、全力で治します!

8月28・29日(土日)

赤いゆび舞踊祭 Indian Dance Festival at Yokohama 2021

Dance Dance Dance @ YOKOHAMA 2021 多彩なダンスイベントで横浜を盛り上げる!公募サポート事業18プログラムが決定!|横浜市のプレスリリース

先にアビナヤ(表現)の練習を進めよう。

 

昔々のインドでは、ダンサーさんは土の床の上で

練習をし、踊っていたそうです。

力士の土俵と同じ、だから衝撃が柔らかい。

でも、今は大理石とかコンクリートとか硬い床が多いから、

足を痛めるダンサーさんは多くて、気をつけてる人は

スタジオのフロアを張り替えたりしています。

 

それと、足首のストレッチね...

すぐ忘れちゃうけど、やらなきゃね!