カナメのバラタナティヤム帳

小学6年生12歳のバラタナティヤムダンサー 富安カナメです。活動予定&報告とインドの事を、お母さんと一緒に更新します。

インドの哀愁サーカスの季節

インドの冬の楽しみの一つ

「哀愁サーカス」

いろんなサーカス団がインド中を巡業してるんだと思う。

 

なかなか場末なサーカスで

哀愁感じるところがまた良い感じ。

 

f:id:kanamekko:20200114135519j:plain

入場料は50Rs(約77円)ぐらいからと、

超庶民派価格!

 

広場に会場のテントと団員のテントが建てられる。

団員の子供が洗濯物の干してある中で遊んでいたり

その生活の様子も垣間見れてしまう。

f:id:kanamekko:20200114135554j:plain

なんとも言えない、このシュールなビジュアル最高!

そして、まさにこれらと同じ芸が繰り広げられる。

 

しかも、全て生バンド!音もかなり哀愁溢れてる。

お約束の火吹き男や、空中ブランコ、

f:id:kanamekko:20200114135619j:plain

 

自転車の曲乗り、ジャグリング姉さんに、

メッチャ身体能力高いアフリカンのお兄さんたち。

f:id:kanamekko:20200114135636j:plain

各所に哀愁を漂わせる。

 

 

結局、一番衝撃的だったのが、

大量の水をゴーーーと飲んでガーーーと出す

ビックリ人間おじさん。

f:id:kanamekko:20200114135655j:plain

だってさ、ズンズントッコ ズンズントッコと音楽に合わせ、

ゴーーーとジョッキの緑色の水を飲む、

そのあとすぐゴーーーと別の赤色の水を飲む。

そして、ズンズントッコ ズンズントッコと踊った後、

ガーーーと空のジョッキに緑色の水を吐き出し!

そのあとすぐガーーーと赤色の水を別々に吐き出すんだよ!!!

 

どうなってるんだよ!!??

 

 

最近はデリーにもシルク・ド・ソレイユが来たりするんだよ

でもね、こういう人間味あるのもまた良いんだよ。

f:id:kanamekko:20200114143336j:plain

 

思いのほか、大満足しちゃう。

冬になるとサーカス団どうしてるかな?と思うのよ。