カナメのバラタナティヤム帳

小学6年生11歳のバラタナティヤムダンサー 富安カナメです。活動予定&報告とインドの事を、お母さんと一緒に更新します。

レオ兄ちゃんと大人の色気について

チビッコ応援隊は今年も

レオ兄ちゃんのライブに行ってきた!

 

レオ兄ちゃんのタブラもさらに凄かったけど

去年よりシタールのダイキチさんとの

息ピッタリ度が増していた。

f:id:kanamekko:20190625221338j:plain
f:id:kanamekko:20190625221349j:plain

 

興味深かったのは、最後の曲で

とても難しい曲に挑戦するということで、

ダイキチさんが、

「大人の色気が必要だ」

「高校生のレオ君に大人の色気が分かるかな?ムフッ」

って言ってたんだよね!

 

おお!なんのことやら!
小学6年生にもアラフィフの母ちゃんにも分からんよ~(笑)

 

レオ兄ちゃんも演奏後、
「オレまだ子供だった~!」って笑って言ってたけど。

 

 

 レオ兄ちゃんの演奏の様子が

NHK WORLDで紹介されたよ!

www3.nhk.or.jp

 

バラタナティヤムもしかり。

演目によっては、大人な内容だったり

さらには、神様であるクリシュナに寄せる愛だったり、

大人であっても、人間同士ではなく

神に対しての愛を表現し分けるなんて難しいやね。

 

芸事は人生経験がものをいう、

そういうことかね。

まだまだ相当な鍛錬が必要じゃ。

 

色気と言えば、

カナメのアランゲトラム公演の時に

南インドの横太鼓ムリダンガム奏者の先生。

黄色のシャツをオープンフロントしたイカしたお髭の彼。

f:id:kanamekko:20190624225142j:plain

観に来て下さった女性陣は彼が気になっちゃって、

休憩の音楽演奏の時ザワついたとか!

そんなとこで色気ふりまかれたら困るよ~(笑)